プロに依頼が出来るサービスの利用方法

南京虫も駆除する

南京虫駆除を考えるべき状況

1960年代あたり境に日本ではほとんど見られなくなったのが南京虫です。不衛生な環境では大量発生するため、戦後のなどの混乱期では多数見られましたが、公衆衛生が改善された1960年代には少なくなりました。 しかし近年は再び多く発生しており、一般家庭でも南京虫駆除を実施する事例が多くなっています。そのため南京虫がいると疑われるような痕跡などを見つけたら、注意をして観察をして、場合によっては南京虫駆除を考えるべきです。 そのような注意すべき状況として成虫の発見はもちろん、床に黒く小さな点が見える時にも注意が必要です。それはこの点が南京虫の糞の可能性があるためです。また成虫に比べて幼虫は小さく、ほとんど動かないのでオレンジ色の小さな点を見つけた場合は南京虫か注意をします。

再発生時の無料施工保証がある業者も多い

成虫でも体長は1cmにも満たない南京虫は、それでも行動範囲が非常に広く、一旦発生すると住宅の内部どころか、エクステリア部分にも寄生することもよくあります。そのため一度南京虫駆除をしても、再発生することがあります。 このことを見越した上で、南京虫を駆除する害虫駆除業者は再発生時の無料施工保証を設けている所が多くあります。この保証を利用できれば、南京虫駆除後に再発生をしても、無料で再び駆除を請け負ってもらえます。 また保証期間も長めに設定している業者もあり、施工後に30日以上の保証があれば十分安心して施工を依頼できます。このため南京虫駆除が必要になったら、無料施工保証を設けている業者があることを意識しておくと知識として役立ちます。